髪型どうしてる?外出ファッションにふさわしいスタイル

ウィッグにも本物の毛と偽物の毛で作った2種類が存在します。では、この記事で本物の毛で作ったウィッグのメリットとデメリットを考えてみましょう。

本物の毛のウィッグ…メリットとデメリット

先ほどの記事で、ウィッグアイテムの種類を見てみることができました。
では、さらにウィッグについて掘り下げて考えてみたいとおもいます。
さらに掘り下げて別の観点から見ると、新たな種類分けにすることができることがわかりました。
それは、人工の毛をつかっているか、それとも、本物の人の毛を使っているか、という種類分けです。
そしてその中間の両方を使っている、ミックスタイプです。
では、このそれぞれのタイプのメリットなどを考えてみましょう。
まず、本物の人の毛を使って作っているタイプについて考えてみましょう。
最大のメリットはなんでしょうか。
それは、やはり自然である、ということです。
もちろん髪の毛にも個人差があり、太さやくせ、色合いなどは違ってくるものです。
それでも、本物であるということで、なじみがいいのは間違いありません。
自分の髪質にあったものを選ぶのであれば、自然に自分にフィットするに違いありませ。
くわえて、手触りの面でもメリットがあります。
そう、触った時の感触も何ら変わりがないので、その点でも自然ということができるでしょう。
また、本物の毛なので自由にスタイリングができ、自分の思い通りの形に作り上げることができます。
これもメリットです。
さらに、カラーをしたりパーマをかけたりすることも自由にできるのです。
こうしたことを考えると、本物の髪の毛を使ったウィッグは幅の広いオシャレをすることが出来る事がわかります。
しかし、やはりデメリットもあります。
どんな点でしょうか。
まずあげることができる点は、価格面です。
本物の毛を使っているゆえに値段は当然人工の毛のウィッグよりも高くなります。
これは仕方のないことといえるかもしれません。
さらにデメリットとしてあげることのできる点は、きちんとした手入れが必要である、という点です。
本物の毛である以上、自分の髪の毛と同じメンテナンスを必要とします。
さらには、人工のウィッグと比べると少し重いという点もあります。
これも本物であるので仕方のない部分かな…と感じずにはいられません。
最後にあげることのできるデメリットは、ある一定の期間使うと色があせてくる、という点です。
長期間使うと購入した時の色から徐々に色あせてきます。
ですから、同様の色で塗りなおさなければなりません。
こうしたデメリットがいくつか存在します。
こうした点を理解したうえで購入するなら、失敗しないファッション作りをすることができるでしょう。
では、次の記事で人工の毛のウィッグについて考えてみましょう。

Copyright (C)2018髪型どうしてる?外出ファッションにふさわしいスタイル.All rights reserved.